Love’s diary

偏愛、寵愛、やっぱり最愛。

「戦えるヤツ」

プレイオフですね。連日盛り上がる悲喜交々のタイムラインが私をわくわくさせます。

昼間、フォロワーさんのツイートを拝読しました。
本当にその一文に尽きる、と思います。

レギュラーシーズンの活躍から、またはその選手から抱く印象……を、そのままもしくはそれ以上に魅せてくれる選手もいれば、残念ながら裏切る選手もいれば、また逆の嬉しい意味で裏切ってくれる選手もいます。

レギュラーシーズンとプレイオフは似て非なるもの。もちろん82試合という長い長いシーズンを乗り越えた選手には一定の敬意を。何位であれ辿り着いたチームには尊敬を禁じ得ません。

気になるのはもちろん、最愛の選手が「戦えるヤツ」であるかどうか。ケビンラブはプレイオフプレイオフらしく、戦って戦い続け戦い抜くことができるかということです。というかそれにしか関心はほぼ無いとも言う、ね。

スタッツ上では、戦えている現在、と言えるかもしれません。

f:id:Wes_Love:20160424233100j:plain

こんな感じ。
Kevin Love's stat line 
through 3 playoff games(2015-16RS)
21.3 PPG(16.0)
11.7 RPG(9.9)
47.8 FG%(41.9)
詳しいスタッツ語りはTwitter的には女性は担当外のようだし、その筋の方にお任せ致します(笑)。ただ、スタッツだけでは測りきれないのがバスケットでありスポーツであるということはいくら贔屓目の私でも忘れてはいません。

プレイオフは長いようで短い、4戦先勝勝負です。幸いにもケビンラブ所属するキャブズはレギュラーシーズンの順位でホームコートアドバンテージを得てはいますが、1つ負けることは先々の戦いにおいて非常にリスクを伴います。レギュラーシーズンでの決定順位が何位であろうと、ひとたび油断すれば勝利を手繰り寄せることのできるチームばかり。ましてやバスケットは大量に点の入るスポーツですから、どの組み合わせであろうと下位が上位を食うアップセットは起こり得るものです。

ケビンラブはキャブズの主力選手の1人です。そうでなければならず、そうあるためにトレードを経て今現在のチームにいます。ロスター内の一選手という位置付けだけではありません。何が言いたいかというと、気を抜いたプレーは決してできないということ、ラブの油断はチームにおいて重大な瑕疵であり、常に戦えるヤツであることを義務付けられていると言えるということです。

さてここでもう一度私は私が見たケビンラブはその「ヤツ」なのかということを自分に問いかけます。彼は戦えているか。

答えは簡単ではありません。厳しい目を持つタイムラインの皆さんは否と即答するかもしれません。また、私もいつものテンションで「可愛いから」と全てを肯定することもやろうと思えば出来ます。期待と信頼のみで前向きな答えも出せます。

3試合見た限りでは、ケビンラブは「まだ」です。まだ、足りません。気持ちも伝わります。数値的な結果もそれなりに出てはいます。でも、まだ、足りません。

プレイオフデトロイト3戦目、ラブはシュートを迷った場面がありました。膠着気味の展開の中で、思うように得点を重ねていけなかった時間帯です。その時間帯のタイムラインでは何人かがその迷いに気がつきました。

ラブは心に弱気の虫を飼っています。もちろんそれは人間はほぼ誰しも嫌でも飼っているものですが、良くも悪くも素直な性格のラブはNBAでスターターを張っている選手の中では非常に分かりやすくそれが垣間見える選手です。

レギュラーシーズン中はそれが何度も顔を出しました。NBA入りする頃、いやもっとその前から、もしかしたらバスケットを習い始めた頃に立ち返っても初めてかもしれない、ラブにとってはディフェンス力を要求されたほぼ初めてのシーズン、心を何度も折られるそのプレーの不味さに引っ張られ、オフェンス力までもが消えてしまうこともありました。

ここまで書くと語弊があるかもしれませんが、弱気の虫はこのシーズンで培われたわけではありません。UCLA時代は見た限りではその片鱗はほぼ見えません。

勘のいい方は私の言いたいことが予測がつくと思います。弱気の虫は前所属チームで育ちました。これはずっと私が思っていたことです。柵が怖く覚悟が足りず書けなかったことですが、言いたくなりました。

長いミネソタでの、ウルヴスでのクソみたいな6年間でそれはそれなりに育ちやがりました。

クソもクソです。153勝-323敗。これがラブがミネソタティンバーウルヴスにいた6年間の戦績です。スターターでないルーキーシーズンがあり、ロックアウトの年があり、また怪我がありほぼ出場していない5年目などもありますが、これが所属していたチームの戦績であることは事実です。

キャブズ…クリーブランドキャバリアーズでは2年目になりました。戦績は110勝-54敗。来年もそれなりに戦えば以前の勝利数を抜く計算までもが成り立ちます。

ああ、とても腹立つ言い方。でもまあ、ここまで来たならそっ閉じしないで。ね。もう少しだから。

言いたいことは色々ありますね。一概に簡単に言うなと思いますよね。だってゴリラいるし、とか。でもクソみたいに勝てなくてクソみたいに弱いチームにいたのです。いたんですよ。どんなにリバウンドが素晴らしくてもね。

思えば本当に。新人王は逃し、出ても負け、リバウンド王になっても、30-30を達成しても、プレイオフは夢のまた夢、頻繁なトレード、自身の怪我、チームメイトの怪我、怪我、怪我…思わず溢れる愚痴に群がる記者達。

これをクソと言わないで何と言う。 

そう。ドラフト5位と期待され、寒い街の温かい人々に歓迎され、どんなに負けてもアリーナに足を運んでくれる方がいて。ただひたすらに点を獲る事を望んでもらえ、ダブルダブルの記録に歓喜の声が上がり。

本当にクソみたいな日々、憧れのマクヘイルの指揮を学び、アルジェファの背中を追い、若きラテンのスタープレーヤーだったルビオが来て、友となるペックとインサイドを支配し、キリレンコと共に、ビーズリーと共に、アリーザと共に、バレアと共にプレーした、あの日々。

勝率五割を、プレイオフへの出場権を、誰よりも夢見ていたあの日々、ずっと此処で、此処にいてのし上がって、いつまでもいつまでもフランチャイズプレーヤーとして、ミネソタの選手でいると信じて疑わなかったあの日々。

今でこそワイン&ゴールドの権化のような顔をしてTwitterをしている私ですが、以前はもちろん森の奥の狼さん達のひたすらの無事を祈り続けていたのです。私のBIG3がルビオ、ラブ、ペコビッチだった日々は決して消えることなくそれは確かにあったのです。

このクソみたいに幸せな、けれども勝てなかった日々は、ラブの心にいつまでもいつまでも残っています。

ここで勝てないのか、という経験をラブはし過ぎました。それはもう麻痺するほどに。もがき苦しみ、もちろん素晴らしいこともたくさん、たくさんたくさんあったのだけれど、結果として負けたことは彼に勝ち癖を残していません。

私はタンク的に上位ルーキーが何年も負け続ける環境はあまり好みません。大した記憶力はないのですが、ババアになって思うのは、ああ、この選手いい選手だったけど勝ちに恵まれなかったよね、という選手がたくさんいる一方で、それよりもどんな理由であれトップになった選手が評価されていくのを嫌というほど見てきました。

もちろんフランチャイズプレーヤーとして優勝し、引退していくのは素晴らしいことで、それは夢です。しかし、ラブは多分理解しています。自分がマイケルジョーダンでも、コービーブライアントでも無いことを。

それを味わった6年間なのかもしれません。愛着のあるチーム、慣れ親しんだ場所、居心地の良いスタイル、本来の食事習慣、サイズ不足ながらフィジカル的に対抗できた体重、それらの多大な犠牲を払って、彼は明日もまた、プレイオフのコートに立つでしょう。

負け続けた日々のことを決して忘れてはいないでしょう。不甲斐ない自分のことも、不用意な発言も覚えているでしょう。そして同時に、あれほど愛され慕われ、信じてもらえた街のことを決して忘れてはいないでしょう。

また勝てない、負け続けた記憶は、既に思い出になったはずなのです。クソみたいに最低で幸せで最高だった日々は、苦くて甘酸っぱい思い出になったはずなのです。

ラブは真摯で勤勉です。自暴自棄になることのないプレーヤーでいるはずです。今までにあったことの全てが無駄でなく、糧にして成長していくことのできる選手です。何もかも飲み込んで、包容して、育っていけるはずです。私はラブのそういう部分に何より惹かれているのです。

これからも、時折、弱気の虫は出てきそうになるのだと思います。その時は抑えつけず、そして殺すことなく、孵してほしいのです。もう少し、です。あと少し。

「戦えるヤツ」だと、確信したとき、迷いも思い出も、美しい蝶になります。その瞬間を見守るために、今日も生きます。

昨年、不本意な形でプレイオフの舞台から去ることになったあの凄惨な出来事から、今日でちょうど一年が過ぎました。嫌な記憶しか無かった3戦目は、無事勝利で終えました。





***
Mayuさん、ツイートの掲載許可をありがとうございました。書くきっかけをくださり感謝します。



Q&A 1 Cavs優勝のシチュエーション

Q.
早速質問!今年Cavsが優勝するならどんなシチュエーション?

お名前 : utagawaさん



A.
どうせ誰も質問来ないだろうな……何度も自分で引用RTしよ……とやさぐれていたところにありがとうございますありがとうございます。ブログhttp://blog.goo.ne.jp/utgw73 いつも楽しみにしています!

さて優勝するシチュエーションかぁ……

それはやっぱりケビンラブがスコアリーダーとなりレブロンも真っ青の大活躍、キャブス移籍して達成したことの無かったトリプルダブルをファイナルにて連発、フックショットとポストムーブは止める術がなく、ストレッチすれば脅威のスリーポイントの確率はプレイオフリーダーとなり正に縦横無尽。課題とされていたディフェンスも5番起用のスモールラインナップが機能してからはポストディフェンスでの才覚が現れリバウンド力も健在。新しい形のポイントフォワードとしてレブロンとのダイナミックデュオとしてオラクルに君臨し観客を黙らせています。。います。。。やだ最高……とうとうその日が来たよ……やだもっと注目されちゃう……持ってるカードも高騰しちゃうっ……えっファイナルMVP?だよねー私は信じてたんだよ最初から〜いやー参ったねこれ……どうしよう高まる……熱くなってきちゃった……グフッ…グフフ…グフフフフフフ………!

ハッ。何だっけごめんなさい。ちょっと意識が飛んでた。ヤバイな私疲れてるのかなー。最近仕事忙しかったから。

やはり、シチュエーションとしては、
①12-1
レブロンのギアはひとつだけ
③ラッキーボーイ
④そして最愛の君
という4項目で、優勝を狙います。

①12-1
6月にはキャブスが優勝するのは規定事項だが、予想というならば私なりのシナリオとしては、東は接戦とはいえサクサク勝ち進まないと困る。全スウィープのつもりだけど、ウェイドが意地を見せて一回譲るか。12-1くらいで東を獲れるはず。試合を引き寄せるオフェンスはどこにも負けていない。できるだけ試合数は少なく、それでいて接戦で課題を解決しながら怪我人がなくイースタンは終わって欲しい。あくまで、前哨戦に過ぎないから。

レブロンのギアはひとつだけ
レブロンには3段階くらいゴリラギアが付いている。彼はギアはある程度自分で上げる上げないをコントロールできていて、もちろん上のギアほど破壊力があり引き換えに消耗が激しい。で、RSはローだった。不機嫌なことも多かったし疲労と怪我防止で手をかなり抜いていた。が、POにはしっかりニュートラルに入れてきている。私的にはまだギアは上げずに勝ち進んでもらいたい。つまり他の選手は全員ギアを上げて臨んで欲しいということ。アービングとラブはそのあたりは自覚はありそうだし、しっかりRS中とは違ったプレーを見せてくれていると思う。レブロンはウェイドに会うまでギアを上げずに済みつつ、勝っていきたい。レブロンはMIAというよりウェイドに勝てるかなので、MIA戦でひとつギアは上げざるを得ないとは思う。もちろん残りの2つのギアはファイナルで使ってもらう。西のファイナリストから4つ勝つには、レブロンの最後の段階のギアは必要不可欠。

③ラッキーボーイ
野球の日本シリーズなどでもそうだが、同じ相手と10日間程度で7戦勝負を4チームやるとなると、日々対戦相手が変わりランダムにホームとアウェイを往復するレギュラーシーズンと違って、この時期だけノッている、パフォーマンスがやたら高くなる偶然に愛された選手は勝利への大きな鍵だと思う。運の要素は怪我を除けばこういうところに存在しているのか。OKCならウェイターズが持っていそうだし、GSWはスペイツだろうか。で、CLEはというと…トリトンにそれを願いたいが、RJももしかするかもしれない。起用がとても合っている印象だしオフェンスディフェンス両面での貢献度はかなり高いと思う。いわゆるひとつのCLEBIG3が不調になる1試合はありそうなので、そこで誰かがチームを救えるか。もちろんないに越したことはないが、今シーズンの好調のピークを持ってきてくれる誰かがいると、滾るし燃えるだろう。

④そして最愛の君
寝言は寝て言えという場合でなく、ケビンラブの貢献無しにして勝利はあり得ない。西はどこが出てきても、レブロンアービングどちらかは封殺される可能性が出てくる厳しい設定なので、ラブがいかに気弱になることなく失敗を恐れず、得点を狙い続けられるか、相手にとって厄介な存在になり続けることができるかがCLEにおいては重要事項になっている。レブロンは確かにチームの心臓であり脳であり、アービングが手足となり動き続けているのだが、それならラブは血液のような存在なのかなと思っている。贔屓目込みであるがラブがいかに賢く動いてアグレッシブにボールを中継するかによってどの選手も生きてくるのだと思う。誰よりも走らねばならず、不得手なディフェンスに執心しながら隙を見て決めねばならぬところで決め続ける。彼はそれを頭では既に理解しているはずなので、この中期的な決戦においてモチベーションを維持することができるのか。厳しく温かく見守ってゆきたい。

f:id:Wes_Love:20160423002401j:plain


あえて西の対戦相手は予想しませんでした。どこが来ようと、良い意味で「らしく」戦えれば4回勝つことは不可能ではないと思っておりますので。

しかしラブやん…良い選手だよほんと…努力家で勤勉。そしてどこまでも真摯で紳士。いつまでもホットでキュート。あーラブやんがCMしてた制汗剤嗅いで寝よう……ふふ…

で、朝起きて読み返したら肝心の西との話が書いてない。あほかと。

で、追記。

西とは4-2だと思います。かなり厳しい戦いにはなるはず。ディフェンスの穴を突かれるか、レブロンのアイソのみにさせられるかで二敗はしてしまうかも。だけど
BIG3で1勝
トリトンとセカンドユニットのディフェンスで1勝
レブロンのハイパーゴリラモードで1勝
ラブで1勝

そりゃね。いつまでも信じていますのよ。


***
Q&A コーナーの質問を募集しています。質問募集の記事またはTwitterのリプやDMなどでお知らせくださると全て順に回答させていただきます。内容はバスケもそれ以外も何でもどうぞ。


Q&A、やります。募集します。

何でも質問を募集します!

ブログってこんな感じなのね。と、すこし記事を書いて思う。Twitterに流すのは憚れるけど好きなことを垂れ流すには良いかな。誰に読んでもらえるかどうかはどうでも良くて、ここは完全自己満足の世界ですが、Twitterから辿ってくださった方がいらしたらありがとうございます。

で、Q&Aをやりたくなったので(私の愛読してるブログがそういう形式だという単なる憧れと真似)、何でも募集します。

私に対する質問でなくても変態関連でもバスケネタでも人生相談でもおふざけでも下ネタでも何でも、質問形式なら全て答えたいと思います。

(一通も来なかったらどうしようびくびく)っていうのはもう気にせず面の皮厚いからしょっちゅうこの記事はツイートするでしょう。てかブログネタのひとつだからよろしく。

質問の募集方法は
※この記事にコメントする(非公開なので他からは見えません)
Twitterアカウントに直接リプライ(フォロー間では見えます)
TwitterアカウントへのDM(私のみ誰からかは分かります)
の3つです。誰だか公開はしませんので、お名前出したい方はペンネームみたいなのを付けてください。

f:id:Wes_Love:20160423004604p:plain

#UnfinishedBusiness

夜、家族が寝静まったあと、そっと勝手口から庭に出る。愛用のポーチを持って、煙草に火を点ける。

終電の近づいた遠くの高架の電車の音が、疎らに響く。マンションの常夜灯と、近くのバーレストランと、私の煙草の火だけが灯る。

見上げると月が輝く。

毎日できるわけではないが、貴重な時間、やはり考えるのは好きなこと。日常のゴタゴタは食器洗いが終われば、それももう終わり。

以前、
を書かせていただいた。

想いはいつだって変わらず、むしろ日々、ゆっくりと深く、少しずつ長くなる。有難い事に。


ケビンラブと私に、何も通ずるものはない。勝手な恋慕で、勝手な追跡で、勝手な執着で、勝手な信頼で、勝手な夢想で、全て私の自分勝手な欲望である。

題は彼の今季のスローガンで、毎日片時も多分忘れることなく、努力と研鑽と気の遠くなるような、

気の遠くなるような練習を積んで、2回目の夢の舞台に立っている。

もう夢ではないだろう。サイドラインに立った昨年の震えるような気持ちとはまた別の何かを胸に抱いて、彼はコートに立っている。

当然だと思うほど傲慢でもなく、必然だと思うほど余裕のある彼ではない。ただひたすらに、高揚する気持ちを闘志に変えて、怯むことなく驕ることなく、自分にできる全てを出し切ろうと、

走り、

叫び、

守り、

バスケットにボールを、

入れていく。

彼が信じ、慕った仲間とひとつになろうとし、誰よりも多く、誰よりも強く、誰よりも勝ちに飢え、闘っている。

私は視界が何度も何度もぼやけてしまったが、何度も何度も堪えた。挙動のひとつひとつが、ピボットフットの一歩さえ、今日その日の決意が滲み出ていて、胸が鷲掴みにされるように、苦しかった。

それはとても大切で、とても愛おしくて、びっくりするほど甘美な苦しみで、彼の力がつまっていて、堪らない時間だ。

彼の全てがこれからに詰まっている。持ち得る全てを見ることができる。

なんて幸せなんだろう。

やっぱり好きだと何度も何度も、好きになったあの日よりも、ずっとずっと思わせてくれる。

ただひたすら好きでいさせてくれる彼の指先が、駆ける足音が、何処かを見据える瞳の光がもっともっと輝きますように。



f:id:Wes_Love:20160419234525j:plain


Cavs 2015-16RS、あくまで私観。

たまには真面目に、ケビンラブの所属するバスケットボールチーム、NBA2015-16シーズンイースタンカンファレンス一位、セントラルディビジョン一位のクリーブランド・キャバリアーズについて書いとく?

オハイオ州クリーブランドにあるキャバリアーズことキャブズ。野球も微妙、アメフトは激弱、アイスホッケーは下位リーグと、アメリカ四大スポーツではバスケのみが希望の星の地区。

クリーブランドはアメリカの五大湖エリー湖畔にある、寒くて主だった観光地のさしてない田舎のようです。有名なのはクリーブランド交響楽団。あとは公園と美術館と動物園と水族館があるみたい。あ、水族館にはミネソタからケビンラブと共に連れてきた蛸のK-Loveが大蛸に育っているらしい。
これ去年のだけど、今も元気に生きてるのかな。

あ、蛸のYouTubeなんか貼ってる場合じゃないや。今季のキャブズ振り返りは、utagawaさんのこちら http://blog.goo.ne.jp/utgw73/e/6e2932f006ee168ef15b9808d327bfae がほぼ完璧なので、私から試合場面や更迭等々の細かい動きは割愛します。

まあ思うに、レギュラーシーズン、全般的に舐めプしすぎだよね。君たち。

不十分なメンバーでファイナルにそこそこ闘えてしまった(それはひとえにレブロンのPOモード全開ゴリラ力の賜物だったわけだけれども)だけに、心の中で「キッチリやんなくても、どうにかなるっしょ」みたいなものが透けて見えまくり、レギュラーシーズンではギアを下げてるレブロンの機嫌を損ねてはヤベー!と思い微妙に頑張る、の繰り返しだったかなと思います。


まあその中でも愛するラブやんはクッソ真面目にコツコツフィットしようしようと周りに合わせる訳だけど、それに気が行き過ぎて周りの雰囲気にも合わせてしまう情けな…何でもな…可愛らしさ。可愛いだけじゃイケないんですよおおおおああでも可愛いいいと何度心の中で叫んだことか。
 

でね、この際ここでは好きなこと言いますけど、いい加減火の玉BIG3時代との比較であれダメこれダメって言うの飽きませんかね?あれはあれで素晴らしくて夢があって2度も叶ったわけで、だけどあのコンディションがもう戻ってこないのは何よりレブロン自身が知ってるしそもそも苦労してでも帰りたい場所があったことは尊重してあげようよ。


ケビンラブがクリスボッシュやパウガソルと比較されるのはさ、もう散々見飽きたし、はっきり言ってそっちになる気ないから、気に入らないんだよね。確実にディフェンス面のこと貶めるだけでしょう。そこで勝負しようなんて思ってないでしょ、大昔から。ブロックなんかもそもそもモノ消し縦2個分くらいしかラブやん飛ばないから期待されても困るわ。だからリバウンドとシュートレンジ磨いてた訳だし。まだ痩せたからドラモンドとはもう中で身体は張れないってデブ容認派に言われた方がマシよね。

f:id:Wes_Love:20160416232534p:plain


愚痴はともかく、ラブにとっては生活自体に慣れた2シーズン目、リハビリは幸いも好調に仕上がり(これはひたすらに僥倖であった)、左肩を多少気にしつつも連続した欠場も無く、スイッチで1番につかされスコスコにされつつも競技人生初のドライブを磨き、キャッチからのスリーもセンタープレイからの相変わらずのフックもやり、スモールラインナップとモズゴフの不調のせいで大学以来の5番のセットもやり、コネまくるアービングには何度も何度も永遠にPopのこないP&Pを仕掛け続けほぼ板になり、アービングがいない時期はレブロンに気を遣いつつアシストも多めにやる。これだけやってもやれ三番手が不満そうだの(誰がいつ言った、私が調べ上げてないのにてめえはどっからのソースだ)、レブロンと仲が悪いだの、信頼関係がどうだの、まあ今年も色々言われ放題。でもオトナになったなと思ったのは、ラブやん失言めっちゃ少なかった!偉い偉い。


八面六臂ですよほんと。よく頑張ったと思います。インサイドで面取ってセンタープレイしはじめたらみんな休憩時間にしてダブルチームで見殺しによく耐えました。私ならロッカールームでアービング殴ってるよね。ジョグすんな。


BIG3は誰かだけが自由にやると、そのしわ寄せはだいたい地味な子にいくシステムですね。今年は完全にアービングの好き勝手に歳上の2人が振り回されるシーズンでした。レブロンさえイライラさせながら振り回すんだから大物過ぎるよアービング。てめえもっとラブにパス寄越せよ、コネられるか考えてからじゃ遅いっつーの。1タイミング前のラブのポジション完璧だったっつーの。あっ本音出ちゃった。


それでも良く当面の目標だった全て一位で抜けたと思うよ。ゴリラ様々だよねほんと。あと、トリトン。夏にあれだけやきもきさせたけど、契約して一番良かったのは君です。ここが壊れたらダメだし、トリトンがPOのラッキーボーイになれればてっぺん獲れるぞ。370試合連続出場とか凄すぎない?


あと私的に感謝したいのはJR。一見正反対のラブとシーズン全般を通して仲良くしてくれてありがとう。変にナイーブたんだから、JRのマイペースなゆるく明るい感じと、シューターとしての精密さと、センスと嗅覚の鋭いここぞのプレーにきっとラブは励まされたと思うのです。ディフェンスも下手なりに頑張ってるしね。POはシュートの大波が来て欲しいな。


基本、キャブズはキッチリ辛抱強く守り続けるチーム作りは不可能だと思ったので、そうだな、1試合に2回、出来れば8分ずつくらい、どんな勢いもぶっ潰せる圧倒的なオフェンス力をもってしてねじ伏せ(て、逃げ切)るような突貫型の今シーズンなのかな、と思いました。


さあプレイオフ。つまんないところでコケてられません。東は全部スイープして備えような。おばちゃんとの約束だよ。アービング


あと一つだけ残念なのは、開幕最高の状態で仕上がっていた巻き毛エンジェルが、ハロウィンでコスプレしたり伸びすぎてフワフワしたり取材で髭剃られたりと迷走した挙句、PO直前の今は前みたいな短髪になっちゃったことだけです…あー…私の巻き毛エンジェル……


#Mambaday

私の中のKobeという選手は、尖らせた口元、生意気な髪型、太く派手なスウェット、時折見せる不敵な笑み、人のものとは思えぬ眼光を持つ、19歳の若僧だった。

高卒でNBAに入る、将来を嘱望されたその頃に、私も丁度、希望した学校に入学した時期である。

その頃の試合は、私が大学生活でいっぱいいっぱいだったが、彼の期待はここ極東までは何とか伝わる時代だった。

若かりし彼の活躍を時折耳にしつつ、いつしかすっかりNBAのことは忘れていた。

やがて再び私が興味を持ち始めた頃も、彼はビジュアルと背に背負う数字を変えながらもそのまま、あのときの不敵で気に入らないまま、バスケをしていた。

私が卒業し、就職し、結婚し、出産している間に彼は勝利を手にし、頂点に立ち、怪我を負いながらもなお、あの眼光のままバスケを続けていた。そうか、バスケが好きなんだな、とても、と漠然と思ったのを覚えている。

彼のプレーにさほど感慨はないはずだ。ただ同じ歳だというくらいしか私には共通点はなく、私が愛したチームの一員でもない。それでも、ここに何かを書き残そうかなという気持ちにはさせられている。

今日は彼が最も愛し愛されたものから永遠に離れる日だ。別れを決めた顔は何とも穏やかで落ち着いていて…

似合わない。

嫌だ、と思う。タイプのプレーヤーとは言えずとも、私はどちらかと言えば好きだった。挫けることのない連続した継続したモチベーションの維持に畏怖を感じたし、いつでも殺してやると言わんばかりの残酷さは私の中に、ある種の禁忌的な歓喜を呼び起こしていた。

だから穏やかに笑う彼など、見たくなかった。私の最愛の選手と、柔らかい顔で抱きあう姿を見て、もう、彼はこの場から降りることを選んだのだなとひしひしと感じた。

f:id:Wes_Love:20160413175901j:plain


彼を憎いと嫌いだと公言しても憚ることなく、誰にでも納得される選手は、再び現れるのだろうか。あれほど憎みながらも堪らない嫌悪の中でも、その一挙一動に魅了させられ、震えるような慟哭を呼び覚ます選手と、私は死ぬまでに出会うことはあるのだろうか。

ああ、例えようもない。

寂しい日だ。


緑茶割りと朝潮と大五郎の容器

林の奥は河口湖
大通りを出れば富士の峰。
車ですぐ忍野八海

わーい…わーい…。

5:00起床→6:15乗車→8:00富士山→9:30アップ→10:00試合→11:00審判→12:00冷めたオニギリ弁当→13:00試合→14:00審判→15:00試合→16:30体育館にご挨拶→17:00宿でユニフォーム洗濯、子供達を大浴場にぶちこむ→18:00夕飯→19:30親達も大浴場→21:00〜24:00総監督と接待飲み会→4:00子供達の奇声→5:00無理矢理起床→6:45朝食→7:40出発→8:30アップ→10:00試合→11:00審判→12:00冷めたハンバーグ弁当→13:00試合→14:00審判(抜け出してケビンラブのvineを涙目で見る)→15:00試合→16:30体育館にご挨拶→やっと解散←イマココ。助けて早くおうちに帰りたい。

二日間で6試合、富士の見える某県の町おこしを兼ねたスプリングキャンプで、全てチームは近県のミニバス代表か選抜との対戦……(うちは理事招待枠)もちろん全試合ダブルスコア以上で負けました。

息子は永遠に終わらないヘルプディフェンスと無限に続くディフェンスリバウンドの繰り返し。まあ6試合とも2Qだけ出たけど、ミドルもインサイドもフリースローも決めたからいいんじゃないの。まあチームでターンオーバー毎試合50位したけど。

接待飲み会は理事(身長190体重120おおよそ65歳、髪型はイルガウスカスに、それ以外は朝潮に似てる)に焼酎の緑茶割りの作り方の指南を受けました…必要ないよねそのご指南…旦那焼酎飲まないし!私ワイン好きだし!ケビンラブ緑茶割り知らないし!

車台数も決まっててチームメイトのお父さんの車に相乗りです。部屋はチームメイトのママと同室でした。お外の布団で他人と一緒って一睡もできないよね。大浴場で友人でもないチームメイトの親と入浴とかほんと罰ゲーム。ラブやんと入浴するならお湯飲むのに。ペットボトルに汲むのに。いや大五郎の容器か。

おうちは遠い。渋滞してるなう。20キロだってさ。あと8時から16時まで体育館にこもってたせいであのバッシュのキュッキュ音が耳に残って離れなくてグラグラする。

私バスケ好きなのかな。6試合フルで全力で応援しちゃった…声まだ枯れてないヨ…ほんと喉丈夫だな……