読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Love’s diary

偏愛、寵愛、やっぱり最愛。

Cavs 2015-16RS、あくまで私観。

たまには真面目に、ケビンラブの所属するバスケットボールチーム、NBA2015-16シーズンイースタンカンファレンス一位、セントラルディビジョン一位のクリーブランド・キャバリアーズについて書いとく?

オハイオ州クリーブランドにあるキャバリアーズことキャブズ。野球も微妙、アメフトは激弱、アイスホッケーは下位リーグと、アメリカ四大スポーツではバスケのみが希望の星の地区。

クリーブランドはアメリカの五大湖エリー湖畔にある、寒くて主だった観光地のさしてない田舎のようです。有名なのはクリーブランド交響楽団。あとは公園と美術館と動物園と水族館があるみたい。あ、水族館にはミネソタからケビンラブと共に連れてきた蛸のK-Loveが大蛸に育っているらしい。
これ去年のだけど、今も元気に生きてるのかな。

あ、蛸のYouTubeなんか貼ってる場合じゃないや。今季のキャブズ振り返りは、utagawaさんのこちら http://blog.goo.ne.jp/utgw73/e/6e2932f006ee168ef15b9808d327bfae がほぼ完璧なので、私から試合場面や更迭等々の細かい動きは割愛します。

まあ思うに、レギュラーシーズン、全般的に舐めプしすぎだよね。君たち。

不十分なメンバーでファイナルにそこそこ闘えてしまった(それはひとえにレブロンのPOモード全開ゴリラ力の賜物だったわけだけれども)だけに、心の中で「キッチリやんなくても、どうにかなるっしょ」みたいなものが透けて見えまくり、レギュラーシーズンではギアを下げてるレブロンの機嫌を損ねてはヤベー!と思い微妙に頑張る、の繰り返しだったかなと思います。


まあその中でも愛するラブやんはクッソ真面目にコツコツフィットしようしようと周りに合わせる訳だけど、それに気が行き過ぎて周りの雰囲気にも合わせてしまう情けな…何でもな…可愛らしさ。可愛いだけじゃイケないんですよおおおおああでも可愛いいいと何度心の中で叫んだことか。
 

でね、この際ここでは好きなこと言いますけど、いい加減火の玉BIG3時代との比較であれダメこれダメって言うの飽きませんかね?あれはあれで素晴らしくて夢があって2度も叶ったわけで、だけどあのコンディションがもう戻ってこないのは何よりレブロン自身が知ってるしそもそも苦労してでも帰りたい場所があったことは尊重してあげようよ。


ケビンラブがクリスボッシュやパウガソルと比較されるのはさ、もう散々見飽きたし、はっきり言ってそっちになる気ないから、気に入らないんだよね。確実にディフェンス面のこと貶めるだけでしょう。そこで勝負しようなんて思ってないでしょ、大昔から。ブロックなんかもそもそもモノ消し縦2個分くらいしかラブやん飛ばないから期待されても困るわ。だからリバウンドとシュートレンジ磨いてた訳だし。まだ痩せたからドラモンドとはもう中で身体は張れないってデブ容認派に言われた方がマシよね。

f:id:Wes_Love:20160416232534p:plain


愚痴はともかく、ラブにとっては生活自体に慣れた2シーズン目、リハビリは幸いも好調に仕上がり(これはひたすらに僥倖であった)、左肩を多少気にしつつも連続した欠場も無く、スイッチで1番につかされスコスコにされつつも競技人生初のドライブを磨き、キャッチからのスリーもセンタープレイからの相変わらずのフックもやり、スモールラインナップとモズゴフの不調のせいで大学以来の5番のセットもやり、コネまくるアービングには何度も何度も永遠にPopのこないP&Pを仕掛け続けほぼ板になり、アービングがいない時期はレブロンに気を遣いつつアシストも多めにやる。これだけやってもやれ三番手が不満そうだの(誰がいつ言った、私が調べ上げてないのにてめえはどっからのソースだ)、レブロンと仲が悪いだの、信頼関係がどうだの、まあ今年も色々言われ放題。でもオトナになったなと思ったのは、ラブやん失言めっちゃ少なかった!偉い偉い。


八面六臂ですよほんと。よく頑張ったと思います。インサイドで面取ってセンタープレイしはじめたらみんな休憩時間にしてダブルチームで見殺しによく耐えました。私ならロッカールームでアービング殴ってるよね。ジョグすんな。


BIG3は誰かだけが自由にやると、そのしわ寄せはだいたい地味な子にいくシステムですね。今年は完全にアービングの好き勝手に歳上の2人が振り回されるシーズンでした。レブロンさえイライラさせながら振り回すんだから大物過ぎるよアービング。てめえもっとラブにパス寄越せよ、コネられるか考えてからじゃ遅いっつーの。1タイミング前のラブのポジション完璧だったっつーの。あっ本音出ちゃった。


それでも良く当面の目標だった全て一位で抜けたと思うよ。ゴリラ様々だよねほんと。あと、トリトン。夏にあれだけやきもきさせたけど、契約して一番良かったのは君です。ここが壊れたらダメだし、トリトンがPOのラッキーボーイになれればてっぺん獲れるぞ。370試合連続出場とか凄すぎない?


あと私的に感謝したいのはJR。一見正反対のラブとシーズン全般を通して仲良くしてくれてありがとう。変にナイーブたんだから、JRのマイペースなゆるく明るい感じと、シューターとしての精密さと、センスと嗅覚の鋭いここぞのプレーにきっとラブは励まされたと思うのです。ディフェンスも下手なりに頑張ってるしね。POはシュートの大波が来て欲しいな。


基本、キャブズはキッチリ辛抱強く守り続けるチーム作りは不可能だと思ったので、そうだな、1試合に2回、出来れば8分ずつくらい、どんな勢いもぶっ潰せる圧倒的なオフェンス力をもってしてねじ伏せ(て、逃げ切)るような突貫型の今シーズンなのかな、と思いました。


さあプレイオフ。つまんないところでコケてられません。東は全部スイープして備えような。おばちゃんとの約束だよ。アービング


あと一つだけ残念なのは、開幕最高の状態で仕上がっていた巻き毛エンジェルが、ハロウィンでコスプレしたり伸びすぎてフワフワしたり取材で髭剃られたりと迷走した挙句、PO直前の今は前みたいな短髪になっちゃったことだけです…あー…私の巻き毛エンジェル……