Love’s diary

偏愛、寵愛、やっぱり最愛。

Q&A 1 Cavs優勝のシチュエーション

Q.
早速質問!今年Cavsが優勝するならどんなシチュエーション?

お名前 : utagawaさん



A.
どうせ誰も質問来ないだろうな……何度も自分で引用RTしよ……とやさぐれていたところにありがとうございますありがとうございます。ブログhttp://blog.goo.ne.jp/utgw73 いつも楽しみにしています!

さて優勝するシチュエーションかぁ……

それはやっぱりケビンラブがスコアリーダーとなりレブロンも真っ青の大活躍、キャブス移籍して達成したことの無かったトリプルダブルをファイナルにて連発、フックショットとポストムーブは止める術がなく、ストレッチすれば脅威のスリーポイントの確率はプレイオフリーダーとなり正に縦横無尽。課題とされていたディフェンスも5番起用のスモールラインナップが機能してからはポストディフェンスでの才覚が現れリバウンド力も健在。新しい形のポイントフォワードとしてレブロンとのダイナミックデュオとしてオラクルに君臨し観客を黙らせています。。います。。。やだ最高……とうとうその日が来たよ……やだもっと注目されちゃう……持ってるカードも高騰しちゃうっ……えっファイナルMVP?だよねー私は信じてたんだよ最初から〜いやー参ったねこれ……どうしよう高まる……熱くなってきちゃった……グフッ…グフフ…グフフフフフフ………!

ハッ。何だっけごめんなさい。ちょっと意識が飛んでた。ヤバイな私疲れてるのかなー。最近仕事忙しかったから。

やはり、シチュエーションとしては、
①12-1
レブロンのギアはひとつだけ
③ラッキーボーイ
④そして最愛の君
という4項目で、優勝を狙います。

①12-1
6月にはキャブスが優勝するのは規定事項だが、予想というならば私なりのシナリオとしては、東は接戦とはいえサクサク勝ち進まないと困る。全スウィープのつもりだけど、ウェイドが意地を見せて一回譲るか。12-1くらいで東を獲れるはず。試合を引き寄せるオフェンスはどこにも負けていない。できるだけ試合数は少なく、それでいて接戦で課題を解決しながら怪我人がなくイースタンは終わって欲しい。あくまで、前哨戦に過ぎないから。

レブロンのギアはひとつだけ
レブロンには3段階くらいゴリラギアが付いている。彼はギアはある程度自分で上げる上げないをコントロールできていて、もちろん上のギアほど破壊力があり引き換えに消耗が激しい。で、RSはローだった。不機嫌なことも多かったし疲労と怪我防止で手をかなり抜いていた。が、POにはしっかりニュートラルに入れてきている。私的にはまだギアは上げずに勝ち進んでもらいたい。つまり他の選手は全員ギアを上げて臨んで欲しいということ。アービングとラブはそのあたりは自覚はありそうだし、しっかりRS中とは違ったプレーを見せてくれていると思う。レブロンはウェイドに会うまでギアを上げずに済みつつ、勝っていきたい。レブロンはMIAというよりウェイドに勝てるかなので、MIA戦でひとつギアは上げざるを得ないとは思う。もちろん残りの2つのギアはファイナルで使ってもらう。西のファイナリストから4つ勝つには、レブロンの最後の段階のギアは必要不可欠。

③ラッキーボーイ
野球の日本シリーズなどでもそうだが、同じ相手と10日間程度で7戦勝負を4チームやるとなると、日々対戦相手が変わりランダムにホームとアウェイを往復するレギュラーシーズンと違って、この時期だけノッている、パフォーマンスがやたら高くなる偶然に愛された選手は勝利への大きな鍵だと思う。運の要素は怪我を除けばこういうところに存在しているのか。OKCならウェイターズが持っていそうだし、GSWはスペイツだろうか。で、CLEはというと…トリトンにそれを願いたいが、RJももしかするかもしれない。起用がとても合っている印象だしオフェンスディフェンス両面での貢献度はかなり高いと思う。いわゆるひとつのCLEBIG3が不調になる1試合はありそうなので、そこで誰かがチームを救えるか。もちろんないに越したことはないが、今シーズンの好調のピークを持ってきてくれる誰かがいると、滾るし燃えるだろう。

④そして最愛の君
寝言は寝て言えという場合でなく、ケビンラブの貢献無しにして勝利はあり得ない。西はどこが出てきても、レブロンアービングどちらかは封殺される可能性が出てくる厳しい設定なので、ラブがいかに気弱になることなく失敗を恐れず、得点を狙い続けられるか、相手にとって厄介な存在になり続けることができるかがCLEにおいては重要事項になっている。レブロンは確かにチームの心臓であり脳であり、アービングが手足となり動き続けているのだが、それならラブは血液のような存在なのかなと思っている。贔屓目込みであるがラブがいかに賢く動いてアグレッシブにボールを中継するかによってどの選手も生きてくるのだと思う。誰よりも走らねばならず、不得手なディフェンスに執心しながら隙を見て決めねばならぬところで決め続ける。彼はそれを頭では既に理解しているはずなので、この中期的な決戦においてモチベーションを維持することができるのか。厳しく温かく見守ってゆきたい。

f:id:Wes_Love:20160423002401j:plain


あえて西の対戦相手は予想しませんでした。どこが来ようと、良い意味で「らしく」戦えれば4回勝つことは不可能ではないと思っておりますので。

しかしラブやん…良い選手だよほんと…努力家で勤勉。そしてどこまでも真摯で紳士。いつまでもホットでキュート。あーラブやんがCMしてた制汗剤嗅いで寝よう……ふふ…

で、朝起きて読み返したら肝心の西との話が書いてない。あほかと。

で、追記。

西とは4-2だと思います。かなり厳しい戦いにはなるはず。ディフェンスの穴を突かれるか、レブロンのアイソのみにさせられるかで二敗はしてしまうかも。だけど
BIG3で1勝
トリトンとセカンドユニットのディフェンスで1勝
レブロンのハイパーゴリラモードで1勝
ラブで1勝

そりゃね。いつまでも信じていますのよ。


***
Q&A コーナーの質問を募集しています。質問募集の記事またはTwitterのリプやDMなどでお知らせくださると全て順に回答させていただきます。内容はバスケもそれ以外も何でもどうぞ。