読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Love’s diary

偏愛、寵愛、やっぱり最愛。

Bruin Walk

お久しぶりです。ゆりあです。

 

ラブの書いたこちらの記事 http://www.theplayerstribune.com/kevin-love-ucla-basketball/ を読みました。人柄と考え方と文章にとても心を打たれたので、英語は苦手なので稚拙ですが、訳に挑戦しました。

 

※BruinsはUCLAバスケットボールの愛称です。

※ジョン・ウッデンは生涯勝率8割を越える、UCLAならびにカレッジバスケットボールの名将。現代バスケットボールの礎を築いた知将です。

※ケビン・ラブは2007年UCLAに入学、マーチマッドネスと呼ばれるNCAAチャンピオントーナメントでは、デリック・ローズ率いるメンフィス大に破れ、ベスト4に終わっています。

 

 

Bruin Walk

f:id:Wes_Love:20160922193542j:image

 

フロントポーチに溢れた手紙の山、それが、僕がジョン・ウッデンの家で最初に目にしたものだった。それは見逃すわけはなかったよ。
よくある家のポストなんかなくて、誰かが全ての手紙が入りきるようにフロントポーチに大きな穴を掘って、フェンスで囲っていたんだ。

手紙や小包はそこらじゅうにあった。
僕はロックスターとこれから話をするんだ---大量のファンレターからそれが察せられた。
ジョン・ウッデンは僕が大きくなるまでのロックスターだった。カレッジバスケットボールの神様。全てのスポーツの中で最多勝のコーチ。スポーツの方法論を実用的に発明した人。

 

僕は初めてカリフォルニアに、コーチウッデンを訪ねた。僕はコーチがその逸話にふさわしいレジェンドな暮らしをしていることを期待していた。 それはたぶん、フルサイズのバスケコートにカリームアブドゥルジャバーの銅像に、オリンピック級のプールのある家…そうに決まってるよね?

 

 だけど、家は僕が想像してたようなものじゃなかった。コートも、プールも、銅像も、ない。現実だと思えなかったよ。ベットが1つの普通の住宅街の家でさ--- そう遠くないところにコーチウッデン行きつけのダイナーがあって、彼は毎朝そこに行ってコーヒーを飲んで近所の人と談笑してるんだって。

コーチウッデンは僕の家族と僕を玄関で感激してくれた。まず最初にコーチに聞いたのは、手紙の山のことだった。


「全ての手紙を読んでいるのですか?」

僕は尋ねた。

「そういうことになるね」

コーチはそう言って、笑った。

「でも宿題を溜め込んじゃってね」

 

f:id:Wes_Love:20160922203345j:image

 

通してもらったコーチウッデンの居間はすごかったよ。そこらじゅうに物があった。 別に散らかっているわけではなかったけれど、床はちょっとしか見えなかったし、壁は様々な彼の人生をあらわすもので埋め尽くされていた。UCLAのユニフォーム、カリームアブドゥルジャバーとビルウォルトン、あと数々のBruinsの素晴らしい選手の写真、ボブルヘッド人形、細々したもの、Wheaties(有名アスリートがパッケージに載るシリアル)の箱、アメリカ国旗、トロフィーと積まれたビデオテープ、額に入った先立たれた妻のネルの写真、そして家族達。

 

あとは本、沢山の、ほんとに沢山の本。 本棚に入りきらなかった本は、床に積まれていた。

そこから一冊、コーチは本を取り出した。それは「Civil War(南北戦争)」だった。


「きみは歴史は好きかい?」

コーチが僕に問うた。

 

歴史は好きな科目の1つだと答えた。 コーチはリンカーンの演説の一節を読誦しだした---全てを覚えていたわけではなかったけれど、いくつかの部分を。 僕はじっと見つめることしか出来なかったよ。

コーチはバスケについてや、コーチ自身について話すのを好まなかった。そして、コーチは僕の性格や、友人達、家族、そしてスポーツ以外で興味のあることを知りたがった。コーチは僕に100ほどの質問をしてきた。僕は良い答えをしようと全力を尽くしたよ。 高校で素晴らしいキャリアを残しNBAに行こうとする野心から外れて、話したのは故郷オレゴンのレイクオズヴィーゴの、小さな湖で取れた大きな魚のことだった。 その日、僕は小さくなった気分だった。僕がコーチウッデンの敬意が得られたのか、すごく気になったよ。

 

コーチはとても鋭く聡明だ。コーチウッデンは当時既に90歳代だったものの、そのウイットと知性で彼の周辺には未だに人が絶えなかった。

ここに良い例がある。来訪した時、居間で僕の妹と僕はコーチの向かいに座っていた。僕の妹はとてもシャイで、来てから一言も喋らなかった。でも僕がコーチと話す数分毎に、コーチウッデンは話を止めて僕の妹の方を見た。


「で、何を言ったっけ?」彼は言い、

妹が質問をしたふりをしてくれた。
やっぱり、妹は一言も喋らなかったけどね。

そうして、コーチはにっこりしてから、僕との会話を続けた。

コーチは皆が会話に参加してるのを好むんだなと思ったよ。コーチが質問してきたみたいに、今やれって言われたら、同じようにできるかい?

 

 f:id:Wes_Love:20160922203446j:image

 

最初に大学で会ったチームメイトは、ラッセルウエストブルック。僕は校内を歩いていたんだ。高校から出てすごく新鮮な気持ちで、新しい髪型で意気揚々としながら(前まではママが切ってくれてたからね)。僕はバスケならよく知ってたけど…他のことは世間知らずだったんだ。ラスはその時もう2年生で、バッチリキマってて自信ありげで…ルーフ越しにこう言ってきた。


「Hey man」
「そのバックパックどこで手に入れたんだよ?」

 

周囲の人は足を止めて、ラスが僕に声をかけたのを聞いてた。ラスはその頃から群衆を惹きつけるんだ。彼のニカっと笑うあの笑顔でね。 僕はリュックが褒められてないなぁと分かったんだけど。

 
何か言い返す前に、ラスが続けたんだ。

「Damn, how big are those Jordans?」

ああ、ラスは僕を試してるんだなって思ったよ。その時僕は彼のことが大好きになるって確信したんだ。

 

f:id:Wes_Love:20160922203609j:image

 

ラスと僕はロードでのホテルで最後までルームメイトだった。 僕らは、同じ目的で高校からここに来てたから、打ち解けるのに時間はかからなかったね。僕らはホテルの部屋でゴロゴロしてるとき、いつもNBAに入ったときのことを話してたんだ。

時々、ラスはすごく頑固なルームメイトだった。僕たちはすぐ競い合ったから、しょっちゅう対抗してたよ。それがテレビゲームでもね。 僕らは「13」(大富豪のようなカードゲーム)もやったし(僕はあれは僕が1点勝ってるって今でも思ってるよ)、どっちが早くジムに着くかとか(どうにかしてラスは僕より早く着こうとするんだよ)、 リフティングも、ビデオ研究も、シューティングも全部そうさ。

僕らは部屋の設定温度でさえ揉めたんだ。

ねえみんなは「ラリーのミッドライフ★クライシス」(アメリカで人気のコメディ番組)でラリーがサーモスタットを調整しまくる回を見たことある?それはまるで僕とラスさ。

 
「74℉(約23.3℃)まで」ラスは言う。

僕は涼しくするのが好きなんだ。68℉(約20℃)くらいが、完璧。

夜にラスはベットから飛び上がって設定温度を上げて---その5分後に僕が設定温度を下げる。一度交渉してみたんだよね--- 「じゃあ71℉(約21℃)ってことにしない?」


「73℉(約23℃)」
ラスの返事。
「これ以上の妥協はない」


こんなのあり?ほんっと頑固!

しばらくすると、ラスの違った一面も見ることが出来た。ニーナという名前の女の子のことを初めて話してくれた。彼女はUCLAの女子バスケットボールの選手だった。ラスは彼女のことをたくさんたくさん話してくれた。

昨夏、僕はラスとニーナの結婚式に参列した。それはBruinsにとってほんとにおめでたいことだよ。何年経っても、僕らはファミリーのようなものなんだ。

 

f:id:Wes_Love:20160922203643j:image

 

17歳でウエストウッドのコーチを訪ねた時、著書(「Wooden: A Lifetime of Observations and Reflections On and Off the Court」)を頂いた。僕はそれに一度目を通して、あとは高校のバックパックの底にしまいっぱなしだった。

まだ、どの大学に入るか決めていなかった。ノースカロライナに、僕はかなり興味があった。地元オレゴンから、シャーロットのチャペルヒルまで向かう時のことを覚えてるよ。フライトの間に、コーチの本を取り出してもう一度読んでみたんだ。 そして子供の頃から長年の夢だったロイウイリアムズに会って、マイケルジョーダンを有名にしたキャンパスを訪れた。

でも着陸する前に、僕の心は決まっていたんだ。

 

f:id:Wes_Love:20160922203754j:image

 

今までの人生の中で、UCLAで過ごしたあの一年間が最良のひとつであったと記憶している。それはあっという間に過ぎ去ってしまったけれど、コートでたくさんの素晴らしい思い出があったんだ。対カリフォルニア大での、ジョシュのあり得ないようなショット。NCAAトーナメント二回戦、対テキサスA&M大で逆転勝利に導いた、ダレンコリソンのヒロイックな活躍。カンザスシティの対メリーランド大での、リックリチャードバーアムーテのスリーポイントウィナー。ファイナルフォーでの、強敵メンフィス大に対してラスの本当に勇敢なパフォーマンス。

僕たちはNCAAチャンピオンになりたかったが、勝つことは出来なかったけれど、僕らにとって何よりも有意義だったのは僕らが創り出した関係性だった。僕らはチームであり、ファミリーだった。一人ひとりがチームに唯一無二の存在であり、僕らは20年の中でドンピシャで同じ時代に、出逢うことが出来たのだ。

 

 

UCLAは常に僕の故郷だ。だから、僕は僕が受け取った自分の全ての恩返しをするため、ギブバックすることを決めました。ケビンラブのバスケットボールのキャリアを形づくった場所に、ただギブバックをするだけという意味なのです。 だから今年僕はMo Ostin バスケットボールセンターの建替に寄付をして---特に新しい強力なコンディショニングセンターが、The Kevin Love Strength and Conditioning Centerと名付けられることにとてもエキサイティングしています。

 

僕はいつの日かUCLAで子供達にも何か手助けしたい。 僕が見出してもらったように、僕も誰かの才能を見つけ出したい、なんてそれはスペシャルなことなんだろうか。

 

 

f:id:Wes_Love:20160922204904p:image